名古屋市北区のいいだ歯科医院 すきっ歯の改善と治療前のご質問について

愛知県名古屋市北区
萩野通2丁目10-1

ブログ BLOG

すきっ歯の改善と治療前のご質問について

みなさんこんにちは!

こちらの患者様もすきっ歯の改善のため、市外の遠方より当院へ来院されました。


お口の中を診察するとこのような隙間が上の前歯にありました。




レントゲン検査や口腔内の術前診査を行い、ダイレクトボンディングの適応症であると診断いたしました。

過去ブログでも何度か書かせていただきましたが、大体1.5〜2mm程度の隙間までが最も自然な形態回復を行えると考えています。

(それ以上の隙間をダイレクトボンディングで埋めると、歯の横幅が極端に大きくなってしまうため、インビザラインに代表されるマウスピース矯正を用いた部分的な矯正治療で対応することも多いです。)

こちらの方は左右の歯の前後的な位置異常もなく、隙間の量もダイレクトボンディングに適していたため、通常通りに処置を行いました。


術後の状態がこちらです。



術直後なので周りの歯が若干白く乾燥していますが、次回来院時には綺麗に色調が調和しています。

術前術後を口唇との関係で対比すると、



このような仕上がりとなります。

これでもうすきっ歯という印象は全くなくなりましたね!

患者様にも大変ご満足頂けました。

一連の治療の流れとしましては、

初診時:お悩みをお聞きし、口腔内診査、レントゲン検査、口腔内写真などの資料採得を行います。

治療時:概ね90分程度の予約時間を設けさせていただき、しっかりと処置を行います。

チェック時:色調が調和しているか、噛み合わせに問題が生じていないか、などのチェックを行います。

ダイレクトボンディングの処置自体は1度で終わりますが、大体全部で3回来院してもらうことが多いです。
(市外、県外など特に遠方の方には申し訳ありませんが、長持ちする良い治療のご提供のため、通院にご理解いただきますようお願いいたします。)



・当院には前歯のすきっ歯でお悩みの方がとても多くいらっしゃいます。


ここでは治療前によくお伺いする質問につきまして、治療前の不安解消になればよいな、と思い簡単にまとめたのでご参考になさってください。↓


どうしたら改善できるか?
 →隙間の量によって、ダイレクトボンディングか部分矯正治療を選択します。

治療は痛くないのか?
 →ご質問を受けることが多いのですが、そもそも歯を削らないので痛みはありません。(削るのではなく、足す治療です)前歯の場合、お口を軽く開いていてもらうので、人によっては顎が疲れます。


費用は高額にならないか?
 →むし歯ではないので、健康保険適応にはなりません。
  当院の場合、1スペース5万円(税別、3年保証)で対応させていただいております。


外れることはないか?
 →まずありません。


欠けることはないか?
 →基本的にほとんどないと考えてもらって大丈夫です。
  ただ健康な天然の歯であっても、噛み合わせによって欠ける人もいます。
  もし欠けたりした場合には、その部分だけ追加で足すことができる材料なので、イチから全部やり直すというのはここ10年間で一度もありません。


ダイレクトボンディングは治療の技術レベルが如実に表れる治療なので、どこの歯科医院で行なっても同じ結果には断じてなりません。

ちなみにラバーダムをきちんと使っているかどうかが、ダイレクトボンディングにおける歯科医院選択の一つの指標になると思います。(こちらについてはまた別ブログでまとめます。)


本当にお困りの方はぜひ相談だけでも構いませんので、ご来院くださいますようよろしくお願い申し上げます。

必ず感動できる治療結果をご提供いたします!


歯科医師
飯田真也