名古屋市北区のいいだ歯科医院 金属が取れてしまったら

愛知県名古屋市北区
萩野通2丁目10-1

ブログ BLOG

金属が取れてしまったら

みなさん、こんにちは!


お口の中に金属が入っている方多いですよね。


食事のときなどに不意に外れてしまったご経験はないでしょうか?


こちらの方も金属インレーが食事中に外れて来院されました。



第一大臼歯といわれる咀嚼で一番よく使う歯のインレーが取れてしまいました。


よく観察してみると黒い部分があります。


そこはセメントが溶けてしまい雑菌や食事の色素が侵入している様子です。


よく考えるとおかしくないでしょうか?


そうならないようにインレーを装着してもらったはずなのに。


このようにとれてしまった原因は何でしょう?


この方の歯ブラシの仕方が悪かったからでしょうか?


元々の治療が手抜きだった?


私はどちらでもないと思います。


周りの歯を見てみてもそこそこ綺麗に磨けています。


間食が多いタイプでもありません。


また以前の先生も一生懸命治療されたのではないでしょうか?


私は金属治療そのものに問題があると考えます。


このブログでも何度かあげていますが、金属治療は基本的に再治療となる可能性が高いです。


材料の劣化、セメントの溶出、歯質との弾性係数や熱膨張率との違いなどなどあげだすとキリがありません。


そして材料的な問題だけでなく、金属治療は歯を削る量も多いということも忘れてはいけません。


以上の負の項目を考えると、本当に、真に患者様の利益になる治療だとは私は思いません。


ちなみに治療はいつものダイレクトボンディングでことなきを得ました。



きちんとラバーダム防湿を行い、黒く痛んだ部分のみを最小限で削除して健康な歯を温存します。



そして接着処理後、本来の形態を丁寧につくりあげ作り上げていきます。



治療後の状態です。


適切な処置を行えば、金属のように外れるということはまずありえません。


再治療になるリスクは金属治療と比較して明らかに少ないと感じています。(技術力に影響をうけますが)


白くて綺麗な治療を行うことに意味があるのではなく、いかにして再治療を防ぐか?


いつもそこにフォーカスをして歯科治療を行なっています。


最終的に患者様が歳をとったときに何本の歯が残っているかが歯科医師の腕の見せ所ではないでしょうか?


当院ではダイレクトボンディングやオーバーレイセラミックを多用して、将来抜歯となるリスクを下げられる審美治療をご提供しています。


もし金属が取れてしまったとき、安易にたくさん削ってしまうと取り返しのつかないことにもなりかねないので、ご心配な方はぜひセカンドオピニオンにいらしてください。


歯科医師
飯田真也