名古屋市北区のいいだ歯科医院 すきっ歯の改善

愛知県名古屋市北区
萩野通2丁目10-1

ブログ BLOG

すきっ歯の改善

みなさん、こんにちは!

今回はすきっ歯への対応について解説いたします。
(※過去にも同様の記事を書かせて頂いているので、内容は重複します)


50代の男性が前歯の真ん中のすきっ歯を治したくて来院されました。

すきっ歯が健康に悪影響かというと、そうではないので必ずしも改善する必要は実はありません。


しかし社会的な審美性にとっては非常に重要な部分であります。


ヒトは他人の口元を無意識に観察しているものです。

そこですきっ歯だと、どうしても乱雑な印象になってしまいます。

逆にきれいに並んでいるだけで、整った清潔な印象となります。

この「すきっ歯」治療を求められて、当院には多くの患者様が遠方より来院されます。

さて、この部分を自然な見た目に改善するには矯正治療、ラミネートベニア治療、そしてダイレクトボンディングの3種類の方法があります。

隙間が概ね2mm以内で左右の歯にねじれがあまりなければ、ダイレクトボンディング治療が最も費用対効果が高いと考えています。

実際の症例をご覧ください。

50代男性が前歯のすき間を改善したく来院されました。

前歯のすき間の量は2mmを超えない程度です。

また左右の歯の位置も大きくずれていません。

このような場合にはダイレクトボンディングが最適だと考えています。

ダイレクトボンディング治療を成功に導くためにはラバーダム防湿という操作が必須です。

ラバーダム防湿を行うことで、歯に唾液や呼吸による湿気がつかないため、コンポジットレジン充填の接着力が向上します。

※余談ですがラバーダム防湿は根管治療(歯の神経を取る治療)や、セラミック修復の接着操作など精密な治療では、本来必須です!
基本的な手技ですが、やるかやらないかは歯科医師の良心にかかっています。
もしラバーダムをやってもらったことのある患者様がいたら、その歯科医師は信頼できると考えて良いと思います。

治療後の状態です。

すきっ歯は改善されて、見た目に自然になりました。

もちろんフロスもほつれることなく、使用することができます。

当院では、このすきっ歯へのダイレクトボンディング治療を数多く施術していますので、様々なご質問を受けます。


ご参考までにいくつか例をあげます。


Q1 詰めたものが取れてしまうことはありますか?

→取れてしまうことはまずありません。
   
当院では接着力向上のためのラバーダム防湿だけでなく、接着材についても一般的な歯科医院よりもこだわっています。
   
すきっ歯治療はこの10年間で相当数を行っていますが、脱離して来院された方は現状一人もいません。


Q2 普通に歯ブラシをしても大丈夫ですか?
→はい、問題ありません。

歯ブラシだけでなく、特に日常生活には何の制限もありません。

普通に今までどおりお過ごしください。

Q3 茶シブ汚れはつきやすいですか?
→そんなことはありません。

きっちりと表面に艶が出るくらいまで研磨を行うので、詰めたところだけ汚れてくることもありません。


この治療は取れない、削れない、痛くない、見た目が自然、費用が安価(矯正治療と比較して)など利点が多く、逆に欠点がほとんどない歯科では珍しい治療だと考えています。

すきっ歯でお悩みの方はぜひ一度カウンセリングにお越しください。


必ずや感動頂ける結果をお約束いたします!


歯科医師
飯田真也